結婚指輪の素材

一生に一度の買い物は高くてブランド物を選ぶ人が多く居ます。価格手金は5万円からと人それぞれの考え方により幅は沢山あります。同じブランドを選んでも男性より女性の方が値段が高くなる場合が多いです。ブランドにこだわらず世界に一つだけの手作りの指輪を選択する方も増えてきています。自分で作って絆を深めたり人とは違う物を望む方には最適です。

結婚指輪は必ずこの素材でないといけない、デザインはこれという物はありません。代表的な素材はプラチナ、金です。金の中にもホワイトゴールド、イエローゴールド、ピンクゴールドがあります。色で決める方もいますが金属アレルギーのある方はアレルギーの出にくい素材を選びます。チタンやシルバー、ステンレスなど普段使いも出来る素材も近年人気が出てきています。

一つの素材で作る場合もありますが、組合わせて作ると個性が出ます。シルバーを基調にしてゴールドを縁取るなど様々なデザインが売っています。指輪の幅も重要になってきます。幅が太ければシンプルなデザインでも存在感があります。昔はきゃしゃなデザインが多く細い物が多かったのですが、今は様々なデザインがあり婚約指輪のように宝石を組み合わせる方も多く居ます。

 

結婚指輪のデザイン

結婚指輪のデザインで人気があるのはやはりシンプルな物が多くなります。シンプルな中にも凹凸を付けた物、V字やU字になっている物があります。光沢のある物やマットな仕上がりの物などがあります。

凝った細工のあるデザインもありますが、普段お出掛けの時につけて家について外す指輪とは違い、家事をしている時にも付けて居るので料理をする時など食材が挟まったりしてしまい、水仕事の時に外さなくてはならなくなる場合もあるのでデザインは気に入った物+後々の事も考えなくてはなりません。

女性は将来出産育児とあります。出産前後はむくみやすく育児では力も使い夫婦互いに指輪のサイズが変わってくる場合があり、サイズ直しが必要になる時が来るかもしれません。その時に凝った彫刻のあるデザインや2種類の素材が使っている物は難しくなります。

結婚指輪は裏にイニシャルや名前などを彫る事が可能で、メッセージや二人の思い出を刻む事も出来ます。裏に誕生石や思い出のある宝石を埋め込む人も多くいます。裏にイニシャルや宝石を埋め込む時には、選んだ文字が刻む事が出来る幅や長さがあるか、宝石を入れる余裕があかどうか確認が必要です。まれにいれr事の出来ないデザインや指輪が小さすぎて裏の加工が出来ない場合があります。サイズが変わって小さくしなくてはならなくなったり、大きくしなくてはならなくなった場合、文字が途中で切れたり消えてしまったりするので後々の事も考えて選ぶと安心です。